DMM mobileの評判やおすすめポイント

DMM mobileの特徴は?

DMM mobileは動画配信などを手掛けるDMM.comが提供する格安SIMです。

その特徴はなんといっても業界最安水準の価格でしょう。

データ通信専用SIMで見ると、1GBで590円、5GBで1210円、10GBで2190円と
スタートの価格が低いことに加え、1GB増加するごとの価格の増加も緩やかで
例えば回線を提供しているドコモから乗り換えた際のコスト削減効果は
絶大です。

また通話+データ通信対応のSIMを利用した際、基本の料金は20円/30秒と
他の格安SIMと同水準ですが、DMMトークアプリを利用することで、今までの
番号をそのままに半額の10円/30秒で利用できるため、音声通話に関しても
非常にお得です。

 

バースト機能で低速時でも快適に利用

dmm_burst

価格だけでなく、高速データ通信容量を使い切った際のサポートが備わって
いるのも魅力です。

通常は高速データ通信容量超過の際は、200kbpsの低速通信となりますが
DMM mobileについては、低速状態でもはじめの一定量に限っては、高速に
速度切替を行う「バースト転送」があります。

バースト転送によって、データ容量が超過してしまっている状態でも
例えばニュースサイトなどのテキストが中心のWEBサイトなどは
スムーズに読み込むことができ、快適な閲覧を実現します。

また容量を使い切った際のデータの追加チャージについても
100MBで200円、500MBで600円と少ない容量から
設けられており、必要な容量に対し無駄なく最適な
コストでデータ通信を利用することが可能です。

データを使い切れなかった場合についても、当月の
高速データ通信容量の残りを、翌月へ繰り越すことが
可能なので、無駄のないデータ利用が可能となります。

 

多様なプランやオプション

複数人で容量をシェアする場合のプランが豊富であること
DMM mobileの特徴です。

dmm_share

 

例えば利用頻度や利用シーンの異なる家族や恋人などで
決まった高速データ通信容量を分け合って、複数人での
通信費用の最適化を図ることができます。

SIMの組み合わせもSIM最大3枚の中で、データSIMと通話SIMの
枚数を組み合わせることができ、様々な利用シーンで利用できます。

オプションについても、端末交換オプション(350円/月)のように
利用している端末にトラブルが起きた際の対応サービスや
ウェブルート社のセキュリティソフト「SecureAnywhere™モバイル プレミア」を
利用できるセキュリティプラン(250円/月)が用意されています。

特に端末交換オプションについては、自然故障・破損・水没などで
購入端末の同等品に無料で交換してくれるサービスなので
実際にスマホの破損があった際に、「最初に加入していて良かった!」という
声も多いようです。

料金が破格なだけでなく、きっちりと必要とされるオプションが用意されて
いるのがDMM mobileが評価される点です。

公式サイトに行く⇒DMM mobile

通信費を節約できる、格安SIMとは?

ngrvanguard.com_

スマホ全盛の時代になり、普及率が5割に迫ると言われていますが、
その分ガラケー時代よりも、通信費は家計の重荷になっています。

そんな状況での便利さを享受しながら、通信費を抑える仕組みとして
注目を浴びているのが、いわゆる「格安SIM」。

今回は格安SIMがなぜ通信費を抑えられるかご紹介します。

格安SIMと通常のSIMの違いは?

sim-1

SIMというのは、「SIMカード」の略で、携帯電話・スマートフォンに入っている
小さなカードのことを言います。
こちらを差し込むことで、通信ができるようになり、インターネットへの
アクセス等が可能になります。

以前はドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアが独占的に
通信を提供してきましたので、SIMはほとんどが大手キャリアの
発行で、通信料金は大きな差がありませんでした。

しかしながら現在は前述の大手キャリアの持っているネットワークを借りて
独自にSIMカードを発行するMVNO(仮想移動体通信事業者)によって
多様な通信サービスが提供されています。

大手キャリアが発行するSIMに対して、MVNOが発行するSIMが
格安SIMと呼ばれています。格安SIMを提供するMVNOの
ブランドとしては、mineo、DMM mobileや楽天モバイル
OCNモバイルONEなどがあります。

格安SIMの特徴とは?

315346

格安SIMの特徴としては、その呼称の通り「価格の安さ」が挙げられます。

その価格の安さがなぜ発生するのかというと、ネットワークに
ついては大手キャリアから借りるものの、価格設定などは
格安SIMごとに多様な価格設定が可能となるからです。

代表的な例を挙げると、月間の4GやLTEを経由した
高速回線の利用容量について、月間の上限を大手キャリアより
少なく設定しているプランや、1日あたりの利用上限を
設けるプランの提供があります。

このような大手キャリアが提供していないプランの
提供によって安い通信費を実現し、かつネットワークは
大手キャリアから借りているので安定しているので
結果的にコストパフォーマンスの高い通信サービスを
提供しているといえます。

格安SIMを使うための条件は?

smartphone-md

格安SIMの利用については、基本的にはSIMフリースマホと
呼ばれる端末に限られます。

SIMフリースマホとは、大手キャリアのSIMでないと
使えないロックがかけられていない端末に限られることです。

大手キャリアが販売する端末を利用する場合は、携帯電話販売店で
SIMロック解除という手続きが必要な場合もあります。

しかしながら格安SIMの契約については廉価なSIMフリーの
端末のセット販売が主流となっているので、大手キャリアの
端末を使い続けるというケース以外はこのハードルは発生しません。

また総務省が大手キャリアへ向けてSIMロック解除推進についても
ガイドラインの策定など提言を継続しており、格安SIMが使いやすくなる
環境は今後ますます進むと言われています。

 

当サイトの格安SIM事業者のおすすめランキングを
まとめている
ページもあります。

こちらから

格安SIMのメリットとデメリットは?

格安SIMのメリットとは?

格安SIMを利用するメリットについては、なんといって
も料金が安いことです。

大手キャリアのデータ定額制では安いプランでも
4000円程度のデータ通信料がかかりますが、格安SIMの
データ通信料は980円程度から利用できるプランなど
多様な選択肢があります。

利用の状況に応じて料金が安くなる度合は異なりますが
まず現行の大手キャリアの利用者のほとんどについては
通信費の節約に繋がることは間違いないでしょう。

また大手キャリアの契約形態だと、いわゆる2年縛りで
2年間の端末の利用継続が義務付けられ、契約期間内での
解約の場合は1万円近い解約金が課せられます。

格安SIMは一般的には端末の最低利用期間が無い、もしくは
あっても短いことがほとんどなので、好きな端末にいつでも
変えることができ、自由度も高いと言えます。

 

格安SIMのデメリットとは?

一方で格安SIMを利用することのデメリットは、大手キャリアの
サービスを享受できないことに尽きます。

具体的にはキャリアメールが使えないことやキャリア決済が使えないこと
もしくはドコモショップなどの店頭サービスが受けられないことなどが
該当します。

ただしキャリアメールについてはLINE、キャリア決済については
クレジットカードなど代替手段もあり、キャリアの店頭サービスに
ついてもMVNOによるコールセンターなどで補完される環境が
整っています。

どうしても大手キャリアのサービスが必要、という方以外では
格安SIMのデメリットは少ない可能性が高いと言えると思います。

またMVNOの利用者の増加に伴いなかなか繋がらなかったり
混雑時間の速度低下が起きる、というようなクチコミがあったりもしますが
大手キャリアでも混雑時や年末年始などの利用が増える時間帯などは
同様の事象が少なからず発生しますので、MVNO固有の事象ではなく
携帯電話共通の事象として、認識しておくと良いかと思います。

 

格安SIMを利用する際のポイント

MVNOというサービスの仕様上、料金の安さという格安SIMの
メリットはほとんどの方が享受できると考えていいでしょう。

一方でガラケーが主流の時代では必要不可欠であった
大手キャリアのきめ細かいサービスは受けられなくなってしまいます。

スマホへのシフトによって、現在は大手キャリアから格安SIMに
乗り換えたときに大きな障害がある方は多くないものの
多くの企業が多様なプランを提供していますので、あなたの現在の
利用状況を踏まえて、料金だけでなく、アフターサポートも含めて
どの格安SIMが良いか、検討することをお勧めします。