通信費を節約できる、格安SIMとは?

ngrvanguard.com_

スマホ全盛の時代になり、普及率が5割に迫ると言われていますが、
その分ガラケー時代よりも、通信費は家計の重荷になっています。

そんな状況での便利さを享受しながら、通信費を抑える仕組みとして
注目を浴びているのが、いわゆる「格安SIM」。

今回は格安SIMがなぜ通信費を抑えられるかご紹介します。

格安SIMと通常のSIMの違いは?

sim-1

SIMというのは、「SIMカード」の略で、携帯電話・スマートフォンに入っている
小さなカードのことを言います。
こちらを差し込むことで、通信ができるようになり、インターネットへの
アクセス等が可能になります。

以前はドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアが独占的に
通信を提供してきましたので、SIMはほとんどが大手キャリアの
発行で、通信料金は大きな差がありませんでした。

しかしながら現在は前述の大手キャリアの持っているネットワークを借りて
独自にSIMカードを発行するMVNO(仮想移動体通信事業者)によって
多様な通信サービスが提供されています。

大手キャリアが発行するSIMに対して、MVNOが発行するSIMが
格安SIMと呼ばれています。格安SIMを提供するMVNOの
ブランドとしては、mineo、DMM mobileや楽天モバイル
OCNモバイルONEなどがあります。

格安SIMの特徴とは?

315346

格安SIMの特徴としては、その呼称の通り「価格の安さ」が挙げられます。

その価格の安さがなぜ発生するのかというと、ネットワークに
ついては大手キャリアから借りるものの、価格設定などは
格安SIMごとに多様な価格設定が可能となるからです。

代表的な例を挙げると、月間の4GやLTEを経由した
高速回線の利用容量について、月間の上限を大手キャリアより
少なく設定しているプランや、1日あたりの利用上限を
設けるプランの提供があります。

このような大手キャリアが提供していないプランの
提供によって安い通信費を実現し、かつネットワークは
大手キャリアから借りているので安定しているので
結果的にコストパフォーマンスの高い通信サービスを
提供しているといえます。

格安SIMを使うための条件は?

smartphone-md

格安SIMの利用については、基本的にはSIMフリースマホと
呼ばれる端末に限られます。

SIMフリースマホとは、大手キャリアのSIMでないと
使えないロックがかけられていない端末に限られることです。

大手キャリアが販売する端末を利用する場合は、携帯電話販売店で
SIMロック解除という手続きが必要な場合もあります。

しかしながら格安SIMの契約については廉価なSIMフリーの
端末のセット販売が主流となっているので、大手キャリアの
端末を使い続けるというケース以外はこのハードルは発生しません。

また総務省が大手キャリアへ向けてSIMロック解除推進についても
ガイドラインの策定など提言を継続しており、格安SIMが使いやすくなる
環境は今後ますます進むと言われています。

 

当サイトの格安SIM事業者のおすすめランキングを
まとめている
ページもあります。

こちらから

楽天モバイルの評判やおすすめポイント

楽天モバイルの特徴は?

楽天モバイルはインターネットショッピングの楽天市場を手掛ける
楽天が提供する格安SIMです。

楽天モバイルの特徴としては、やはりなんといっても利用料金に応じて
貯まる楽天ポイントでしょう。

さらに楽天モバイルに加入すると、楽天ポイントの貯まり方がずっと
2倍となる特典もあるので、楽天市場での買い物が日常的な利用者に
とっては大きなメリットとなります。

他の格安SIMでもポイントが貯まるものもありますが、楽天市場の
多彩な商品ラインナップの購入費用に充当できる点で
使い勝手では楽天ポイントが群を抜いていると言えます。

 

楽天モバイルの料金やサービスは?

楽天モバイルの格安SIMはデータ通信専用SIMと通話+データ通信対応の
SIMの大きく2つに分かれます。

その中でプランとしては月間の高速データ通信容量が3.1GB、5GB、10GBの
それぞれ3つのプランと、速度は200kbpsと低速なものの使い放題である
プランの4種類があります。

200kbps使い放題のプランでは月額525円で利用できるため、使い出しの
価格はかなり安いです。

また月間の高速データ通信容量があるプランについては、当月に
使い切れなかった分は翌月に繰り越すことも可能です。

加えて契約初月が無料で使えることも魅力です、楽天モバイルを
契約するのであれば、初月の無料を有効に利用するために月の
初めの契約が良いです。

また通話ができるSIMについては、5分間までは固定電話でも携帯電話でも
どこにかけても無料となる、5分かけ放題オプションも有料にて用意されており
電話が頻繁な利用者でも安心できます。

rakuten_1

またアプリからの発信で通話料を割り引きする、「楽天でんわアプリ」も
無料で提供されています。

 

楽天モバイルの評判は?

楽天モバイルは楽天市場を良く利用する若年層に特に好評のようです。

楽天市場を良く利用しているため、楽天カードを契約して持っている方も
多く、大手キャリアからの乗り換えて月々の通信料金が大幅に下がり
かつ楽天ポイントが非常に貯まりやすくなる点を利用者は重視
しているようです。

また現在のスマートフォンを利用している方は、ネットやアプリを頻繁に使う
ヘビーユーザーもいますが、LINEとちょっとアプリを使ったりする
ライトユーザーの方も多いです。

公式サイトに行く⇒【楽天モバイル】

OCNモバイルONEの評判やおすすめポイント

OCNモバイルONEの特徴は?

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが提供する
格安SIMです。

OCNについてはインターネットプロバイダのブランドとして有名なので
聞いたことがある方は多いかもしれません。

OCNモバイルONEは格安SIM市場においては、シェアナンバー1の
ブランドになります。

その特徴としては、用途に合わせた選択ができる多彩なプランが
用意されているのに加えて、月に1回容量・速度のコースを変更
できることが特徴です。

月に1回コースを変更できることで、使用量の多い月や少ない月などの
変化に応じて、最適なプランに切り替えて、通信費用の最適化が
可能になります。

またNTTグループが提供する格安SIMなので、SIMフリーの端末だけでなく
NTTドコモの端末も広いラインナップで利用可能なことも、OCNモバイルONEの
特徴と言えるでしょう。

 

OCNモバイルONEの料金やサービスは?

OCNモバイルONEでは、大きく分けるとデータ通信専用のSIMと
通話+データ通信のSIMの2種類が提供されています。

その中でさらに高速データ通信使用量については、1日あたりでの
上限があるプラン(110MBと170MB)と1か月あたりでの上限がある
プラン(3GB、5GB、10GB)の2種類と、通信速度は500kbpsと
やや落ちるものの1か月あたりでの上限が15GBまで使えるプランの
3プランがあります。

データ通信専用のSIMで1日あたりの高速データ通信使用量上限が
110MBの場合では、月900円で利用することが可能です。

OCNモバイルONEはサービスが非常に充実しており、通話料金が
約1/4となるIP電話アプリの050plusを無料で利用でき、有料での
電話サポートやセキュリティ対策などのサービスも用意されています。

また固定インターネット回線で、OCNを利用している利用者に
ついては、OCNモバイルONEとのセット契約で、毎月200円の
割引がされるセット割引が用意されています。

ocn_2

OCNモバイルONEの評判は?

OCNモバイルONEについては、格安SIMの入門者から非常に好評です。

その理由は1日あたりの高速データ通信使用量があるプランがあるため
自分がどれくらい利用するか見極めながら使うことができるからです。

また見極めている期間の中で、使用量に応じて月1回プランを
切り替えられるため、非常に柔軟なサービスに安心する利用者も多いです。

また大手キャリアでのシェアNo.1のドコモの端末を広く利用できるため
既存の端末を使う場合については、非常に乗り換えしやすい格安SIMと
言えます。

公式サイトに行く⇒OCNモバイルONE

IIJmioの評判やおすすめポイント

IIJmioはインターネット事業などを手掛ける株式会社インターネットイニシアチブが
提供する格安SIMです。

IIJmioの特徴としては、もともと提供する企業がインターネットサービスも
手掛けることから、固定インターネット回線のIIJmioひかりと格安SIMの
IIJmioをセットで契約することで、12か月間600円の割引が適用されることが
特徴です。

iij_1

時期によってはキャンペーンで、割引額が増加する場合があるので、契約は
その時期に行うことがお得でしょう。

大手キャリアでいうと、auが提供するauスマートバリューとサービスとしては
類似のものとなりますが、モバイルの通信回線が格安SIMである分
固定回線とのセット料金で見ると割安といえます。

 

IIJmioの料金やサービスは?

IIJmioの提供する格安SIM大きく分けるとデータ通信専用、音声+データ通信
(みおふぉん)の2つとなります。

また高速データ通信容量も、3GB、5GB、10GBの3ラインナップとなり
非常にシンプルなプランで提供されていると思います。

料金はデータ通信専用で、3GBが980円、5GBが1520円、10GBが
2560円となります。

10GBの場合のみ、SIMを有料で2枚まで追加して、最大で3枚発行する
ことができるので、複数人の家族で高速データ通信容量をシェアしながら
利用することも可能です。

音声+データ通信のSIMの場合は、通常の通話料金から半額となる
「みおふぉんダイヤル」というサービスも無料で利用することが可能です。

iij_2

2015年9月からはMNP即日開通に対応し、購入した格安SIMを手元に
置いて、コールセンターに電話することで、自宅にいながら格安SIMへ
乗り換えることも可能になりました。

格安SIMのMNPは使えない期間が発生するものも多いので
この点も非常に魅力的ですね。

 

IIJmioの評判は?

IIJmioについては、特徴でも挙げた通り、固定インターネット回線との
セット割引があるため、自宅に固定インターネット回線を引いている方の
評価が高いです。

代表的なセット割引のauスマートバリューから乗り換えた場合
モバイル回線が3GB、お住まいが集合住宅のケースで、およそ
2000円程度月額の利用料金が割安になります。

固定インターネット回線や大手キャリアについては、契約期間の2年縛りが
あって解約金が発生する可能性もありますが、IIJmioのセット割引に
乗り換えると毎月の割引ですぐに元が取れるくらいのインパクトがあるので
現在固定インターネット回線を引いている方乗り換えを検討することを
考えてみてはいかがでしょうか。

公式サイトに行く⇒IIJmio(みおふぉん)

U-mobileの評判やおすすめポイント

U-mobileの特徴は?

U-mobileはUSENから独立した、U-NEXTが提供する格安SIMです。

U-mobileで最も特徴的なのは、U-mobile通話+「LTE使い放題」と
USENの「スマホでUSEN」をセットにした「USEN MUSIC SIM」という
独自のパッケージを提供している点です。

usen_1

スマホでUSENは1000チャンネル150万曲以上の音楽が
聴き放題のサービスなので、通学や通勤中の音楽に全く困ることは
なくなります。

LTE使い放題のプランを単独で契約するよりも、490円分安くなり
実質「スマホでUSEN」が無料で使えることになるのは
U-mobileならではの強みでしょう。

 

U-mobileの料金やサービスは?

U-mobileの料金プランは大きくデータ通信専用と通話+データ通信の
2種類に区分されますが、最大の魅力は最大下り速度150Mbpsでの
高速データ通信容量無制限プランがある点です。

usen_2

 

この高速データ通信容量が無制限のプランは、格安SIMの中で
提供しているのがU-mobileだけという非常に競争力のあるプランです。

通話+データ通信プランだと2980円でデータ容量無制限で利用でき
さらに前述のスマホでUSENとのセットがあるので、料金は抑えつつも
様々なコンテンツをプラン内の料金で満喫する使い方が可能です。

また通話に関しては、どこにかけても国内通話を半額にするアプリ
U-CALLが月額無料で使えます。

U-CALLからの通話は国際通話だとさらにおトクなので
海外に電話をする機会が多い方だとよりいっそうメリットを
享受できます。

 

U-mobileの評判は?

まずは前述のデータ容量無制限プランがある点が、利用者から
「安心して使える」とものすごく評価が高く、大手キャリアからの
乗り換えでもこの点が魅力として挙がります。

特に音楽や動画をたくさん見る利用者の場合、データ容量を
気にしなくていいという点はとてもインパクトがあるようです。

加えてUSEN MUSIC SIMのおかげで、150万曲以上の音楽が
聴き放題なので、有料の配信サービスに加入する必要がないです。

また大手キャリアなどから乗り換える際も、通常の格安SIMであれば
MNPによる乗り換えに3日くらいかかるものが多い中、U-mobileは
MNP即日開通が可能なので、合間を開けることなく利用ができるのは
乗り換えユーザーから見てもすごく嬉しいですね。

利用できる端末もドコモのスマホを含め、100種類以上という豊富な
ラインナップも魅力となるポイントです。

また現在USEN MUSIC SIMを契約すると、U-NEXTの映像コンテンツに
使えるポイントも毎月付与されるキャンペーンが実施されているので
音楽だけでなく多くのラインナップから動画を見たいという方には
乗り換えに最適です。

音楽に動画にデータを気にせず無制限に楽しめるU-mobileは
毎日アクティブにスマホを使いたい方にお勧めです。

公式サイトに行く⇒U-mobile

mineoの評判やおすすめポイント

mineoの特徴は?

mineo(マイネオ)は関西中心に光回線などを提供するケイ・オプティコムの
格安SIMです。

mineoの最大の特徴はauとドコモのマルチキャリアに対応している事。

mineo_1

つまりauのスマホが使えるプランとdocomoのスマホが使えるプランを
それぞれ用意している点です。

auとドコモのスマホ両方に対応しているので、利用できるスマホの端末数に
ついては、格安SIMの中でもトップクラスといえます。

またauとdocomo間の乗り換えも簡単にできたり、MNP即日開通できたりと
マルチキャリアに対応した幅の広さが持ち味と言えるでしょう。

 

 

mineoの料金やサービス?

 

mineoの料金プランはデータ通信専用と通話+データ通信の2プランがあり
その中にau対応とdocomo対応の2プランがあるので、計4プランから
成り立ちます。

データ通信専用SIMの料金は高速データ通信容量500MBで700円、3GBで
900円と非常にリーズナブルですが、mineoの魅力は高速データ通信容量が
「シェア」できることにあります。

mineo_2

よくある家族間での高速データ通信容量のシェアだけでなく
友人やmineoの利用者同士でみんなで分け合う「フリータンク」や
情報提供者に高速データ通信容量の一部を送れる「チップ」など
高速データ通信容量を有効にシェアする仕組みが
非常にユニークです。

無料で使えるmineoアプリを使えば、LINEやTwitterなどのサービス利用時は
200kbpsに速度切替を行ってたくさん使う利用者も効率的に利用できて安心です。

また通話については、050発信のIP電話サービスのLaLa Callアプリが
月額基本料金無料で使え、アプリ利用者同士であれば24時間通話料金が
無料となる点も見逃せません。

 

mineoの評判は?

実は格安SIMでauの端末を使いたい際は、UQ‐mobileかmineoの2社に
限られるのが現状です。

UQ‐mobileが3日間で1GB以上使うと速度制限がかかるのに対し、mineoは
3日間で3GBまでは速度制限がかからず使えるため、利用が増える時も
安心して使えることが高くと評価されているようです。

やっぱり料金の安い格安SIMとはいえ、動画視聴など使いたいときは
使いたい!というのが本音ですよね。また@mineo.jpのメールアドレスが
無料で作れるから、フリーメールのアドレスを作る必要もなく
大手キャリアから乗り換えた際も安心です。

そのような点を見極めて、特にauを元々使っている利用者で、幅広いプランと
サービスを持ったmineoがファーストチョイス!という声も徐々に
増えてきているようです。

最近ではマイネ王というコミュニティサイトを立ち上げて、mineoの利用者同士で
様々な情報交換をしたり、要望をあげたり、mineoは今後のサービスの
進化のも期待できる、というのが利用者の中では浸透しつつあるようですね。

公式サイトに行く⇒mineo